ツキは無慈悲な柳の泥鰌

いわゆるにょろにょろ系

ナチの手口に学ぶって…

朝日新聞デジタル:麻生副総理の憲法改正めぐる発言の詳細 - 政治

同じ全文を見聞きしてもナチに否定的だと取る人もいたり、肯定的だと取る人もいたり…
そもそも前半部分とつなげるか、その部分だけで読むかで印象が大きく変わりますよね。僕はまったく肯定的な発言には読めませんでした。
 
 一方、ナチスというワード自体がタブーという人もいますが、それほどの意味を持つ政権の「手口」だからこそ歴史に学んで活かすべきだと思うんですよね。
 この「歴史に学んで活かす」という部分がなぜか「真似る」と取られてしまったのが今回の最大の問題。前半とつなげれば、「同じ轍を踏まないため」と理解できそうなものなのだけど…後半だけ抜き取ると前者のように読めるのも事実。「だれも気づかないで変わった。」の「誰も」が誰を指すのかも。
 
 しゃべりと書き文章の難しさもあると思うけどそこを整理するのがマスコミの仕事だったんじゃないかなあ。
広告を非表示にする